しあわせのおすそわけ

「わたし」のしあわせではなく、「ここに来てくださる方々」のしあわせを、                      周囲の方々に「おすそわけ」するお手伝いができればと思います。

『徹子・震災復興の部屋(つぶやき募金)〜梅の間〜』へようこそ!(^^)/。

こんにちは。管理人の凛です。これまでもさまざま「部屋」にいらしてくださり、ほんとうにありがとうございます。「震災復興の部屋」も、『松の間(福島県編)』、『竹の間(宮城県編)』に続き、今回、『梅の間(岩手県編)』をご用意しました。『松の間』『竹の間』にも増して、気軽にいらしていただけると嬉しいです。それでは、概要です。

★部屋の開放時間…24時間。どちらさまも、いつでもご自由にいらしてください(^^)。
★ご訪問のルール…つぶやき募金。好きなこと、思うところ、ご自由につぶやいてください。1日何度でも、また連続してもOKです。
※「募金お願いします」も、もちろんOKですが、「募金〜」の連続つぶやきは、遠慮させていただきます。「一度」の「つぶやき」での「募金お願いします」というつぶやきは、2回までとさせていただきます。
歓迎しますの例;
 その1)1・「おはようございます。今日は、天気いいなぁ〜。今日も一日仕事頑張ってきま〜す。募金お願いします」。
 その2)1.今、電車の中。ヤ、ヤバい!遅刻しそう!!!
 その3)1・「募金お願いします。」(のみでも、もちろんOK)。
 その4)1.「募金お願いします」。
      2.「今、昼休みです。午前中の仕事、ちとキツかった…。昼食、楽しみです」。
      3.「募金お願いします」(…というように、「1度のつぶやき」の中に、「募金〜」は最大、2回まででお願いします)。


ご遠慮願いたい例;
 1.「募金お願いします。」
 2.「募金お願いします。」
 3.「募金お願いします。」(以下、「募金〜」の連呼。これは、「荒らし」とみなして、カウントしません)。


1つぶやき=1円。一応、1,000を目安にしていますが、「つぶやき」の集まり次第で、変わることもありますので、ご了承ください。
募金先…岩手県

募金第30弾 <とりあえず> お知らせ。その2。

こんにちは。管理人の凛です。昨日ご報告した送金の件につきまして、その後の様子を。

結論から言うと、「クレジットカードで」送金しました。
最終的に、それしか方法がありませんでした。

領収証の送付については、出来るだけ早くとお願いしました。

みなさまには、どうかご理解いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

                           管理人 凛。

募金第30弾 <とりあえずの> お知らせ。

こんにちは。管理人の凛です。いつもコメント、ありがとうございます。

みなさんは、どのような年末年始をお過ごしでしたか。私は、「荒らしのような(^^;)」親類の帰省が終わり、ようやく日常の生活に戻って、少しのんびりしているところです。
さて、今回、最終回の募金について、「途中経過」ではありますが、ご報告したいと思います。
まず、期間内に寄せられたコメントの総数は、1,261でした(※本来なら、12月31日までのコメント数は、花さんの、1,249コメまででしたが、今回は、1月5日の、沙緒さんのコメントまでをカウントしました)。
さらに、1コメント=2円の、12月15日〜31日までの「年末ありがとう期間」のコメント数は、計107コメントでした。
  ですので、総計は、1,261+107=1,368円でした。

さて、募金先の「なんかしなきゃ!プロジェクト」ですが、実は、さまざまな「活動(募金活動に限らず、家で眠っている品を送ったり、プロジェクトに参加したり、途上国で生産しているものを買ったり(フェアトレードといいます)…等々)を行っているプロジェクトの総称で、その中の一つに、「募金」というものがあります。
しかし、一口に「募金」といっても、募金を受け付けているプロジェクトが、224もあり、どこに募金しようか、かなり迷いました。
でも、結論から言うと、2つのプロジェクト(「児童養護施設の子どもに“あなたは大切”と伝えようこころを聴く耳―東京自殺防止センターの活動を支える」)に、それぞれ1,368円ずつ募金をすることにしました。

送金は、本来ならば今日、郵便局で行おうと思っていましたが、郵便局での受け付けは行っていませんでしたので、別の方法で、明日、行おうと思います。

取り急ぎ、途中経過のご報告まで。
最終回も、変わらぬご支援、感謝いたします。

                                管理人 凛
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
クリックで救える命がある。
キボウのカケラ
イーココロ!
募金サイト イーココロ!
donation.jp(クリック募金)
地球のハラペコを救え。
Yahoo!Japan ボランティア
インターネット募金
ホスピタリティクリック募金
ホスピタリティクリック募金
Categories
Twitter